葬儀のあり方

葬式を営むためにかかる費用について

通夜や告別式を訪れた弔問客から香典を受け取ることができますので、その分を費用の支払いにあてることができますが、そうだとしてもかなり高額の出費を覚悟する必要があります。長い間、世間並みの葬儀を営むことが遺族としての当然の義務だと考えられてきた部分がありますので、本当は経済的にかなり苦しい状況にあるのにも関わらず、無理をして立派な葬儀を執り行う人が少なくありませんでした。葬儀社の多くが、葬式が終わった直後に料金全額を現金で徴収するシステムを採用しているのは、葬式を終えた後で料金を踏み倒して夜逃げしてしまう家族が実際にたくさんいるからです。しかし、葬式に高額の費用をかけることを疑問視する人が多くなってきたため、最近はリーズナブルな価格の葬儀プランを用意する業者が増えてきています。

葬儀の形式が多様化してきました

時代の移り変わりと共に、人間の考え方も変わっていくのが当然です。先程も述べた通り、少し前までは多少無理をしてでも人並みの立派な葬儀を行うことが遺族としての当然の務めだとされていましたが、現在ではそのような考え方をする人の数がグッと少なくなりました。特に都市部でその傾向が顕著なのですが、それぞれの人が自分にとって一番望ましいと思われる方法で葬儀を営めばよいと考える人が多くなってきています。そのため、最近では、宗教色が全くない自由葬を営む人が登場してくるようになりました。特に高い人気を集めているのが、故人が愛した音楽で見送る音楽葬です。また、家族を中心にしてこじんまりとした規模で行う家族葬を選ぶケースも増えてきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加