マナーを弁える

葬儀に出席する時の靴の選定

葬儀の場にふさわしくない靴を履くと、周りから 常識がない人と思われてしまいます。 そこで、ここでは葬儀にふさわしい靴について説明します。 まず、女性の場合、黒のフォーマルなパンプスがふさわしいです。 そして、パンプスのヒールは高すぎず、歩きやすいように太めのものを選ぶと良いです。 一方、男性の場合は、フォーマルな内羽根のストレートチップが最適です。靴の素材については、エナメルなど派手なものではなく合成皮革か本革を選ぶことが大事です。上記を参考にすれば、靴選びで失敗することがありません。

参列できない場合の対処法

大切な人が亡くなった時は、葬儀に参列することがマナーです。しかし、仕事などでやむを得ず、葬儀に参列できないことがあります。そのような場合、どのように対処すればいのか悩んでしまいます。 もしも葬儀に参列できない時は、葬儀会場に供物、供花を贈ることで弔意を示すことが大事です。供物を贈る場合、線香、果物、お菓子などが喜ばれます。また、供花の場合、仏教では百合やカーネーションなどを贈ることがマナーです。供物や供花は宗教によって決まりがあるので、葬儀社に依頼して用意してもらったほうが安心です。また、供物などを送る時は、一緒にお悔やみ状を添えると良いです。お悔やみ状を同封することで、遺族に深く弔意を伝えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加